まだまだ野良猫や地域猫がたくさんいますが、せめて縁あって当店に来た猫たちだけでも生涯、可愛がってもらえ安心して暮らしていけるずーっとのお家が見つかるよう猫と人との架け橋でありたいと思っています。

お店を始めたきっかけ


2018年に代表が「NPO法人もふっこひだ」から、保護猫3姉妹を家族に迎えたことがきっかけで保護猫の預かり・ミルクボランティアをスタート。

ボランティア活動の中で、
「もっといろんな人に保護猫たちの事を広めたい」
「里親さんとの出会いの場を作りたい」

と思い、譲渡型の保護猫カフェを始めようと思いました。

お店で猫たちと触れ合うことで、いつの間にか猫の保護活動や猫助けに楽しく参加ができる仕組みです。

猫が暮らす住まいへ人間が「お邪魔します」「遊びに来たよ~」という感じで気軽にお越しいただけると嬉しいです。

お店のコンセプト

「猫くら」・・・猫が暮らす、猫と暮らす

猫カフェの店内は猫のための工夫がいっぱい!
猫との暮らしをイメージできるよう2階にはソファやベッドがございます。

猫と一緒におくつろぎください。

店名の由来

保護猫の「猫」。
お店の店舗を決めた夜、月がとても綺麗で「月」を店名に入れたいと思いました。
櫻山八幡宮の側、「さくらやま」。

「猫の月さくらやま」が誕生しました。